コンセプト

榎本の想いとは

榎本建設は、お客さまに対していい家をご提供するだけでなく、お客さまの豊かで、幸せな生活を応援してゆきたいと考えます。

その1〜『毎度さまレディーの訪問』

わたくしども榎本建設では、お引渡し後のお付き合いこそが大切であると考えます。
当社では年に2回『毎度さま榎本建設です』という新聞を作成し、『毎度さまレディー』が一軒一軒OBのお客様宅を訪問して歩いております。(このサービスは10年間続けております)顔と言葉が触れ合うしっかりしたアフターサービスこそが、お客様への最高のサービスと考えます。

『毎度さまレディーの訪問』のイメージ

その2〜『一坪農園』

お客様の豊な生活、それは『食育』にあるのではないでしょうか?わたくしども榎本建設では、新築した住宅に『一坪農園』をプレゼントさせていただき、毎年5月ごろ野菜の種や苗そして、それらの育て方を記したレシピを社員がお配りしております。
一坪農園で育てたトマトや豆を家族全員で食する豊かさ。これこそが、榎本建設が考えるお客様への想いです。

『一坪農園』のイメージ

その3〜『道具箱訪問の開催』

“住宅は生き物・・・・”
当社では毎年春先に工事技術者が工具を持参して「道具箱訪問」を開催しております。クロスのすき間補修やドアのこすれ補修など・・・無償の点検補修サービスを行っております。
(このサービスも10年間続けております)お客様が快適、幸せにお住まいいただくこと、それが私どもの想いであります。

『道具箱訪問の開催』のイメージ

その4〜『リフォーム工事』から学ぶ

「住宅建設の基本はリフォームにあり」この精神にのっとり、わたくしどもはリフォーム工事にも力を注いでおります。
昨年、(2009年度)には142物件、総額1億2300万円のリフォーム工事を受注しております。
リフォーム工事から住宅を知り、その知識を新築に活かしてゆく努力。これからも続けてまいります。

『フォーム工事』のイメージ